抗真菌薬の種類

水虫には抗真菌薬シャンプーもあり発癌性の物は避ける

抗真菌薬は水虫の治療に使用されることが多く、外用薬と内服薬があり最も使用されているのは外用薬です。抗真菌薬は水虫の薬として知られていますが、水虫だけではなくカンジダ菌にも効果が期待でき脂漏性皮膚炎という真菌の異常な増殖により痒みなどが発症する症状の治療にも用いられるます。
脂漏性皮膚炎は、真菌の異常な繁殖で、真菌の増殖を抑えるためには抗真菌薬を使用して治療を行ないます。脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌が多い顔や頭皮などに起こりやすい湿疹です。症状は痒みや赤み、皮膚が荒れてカサつき皮膚が剥がれることもあり、頭皮に発症した場合にはフケ症と間違えられることもあります。
脂漏性皮膚炎は真菌が皮脂が多い環境では異常繁殖しますが、この他の原因にはストレス、ビタミンBの不足、洗髪などのすすぎ不足や洗い過ぎなどが考えられます。
脂漏性皮膚炎の対策には抗真菌薬入りシャンプーを用いることもあります。抗真菌入りのシャンプーを使用することで原因になる真菌の発生を抑制して皮脂を落とし真菌の増殖を抑制します。抗真菌薬入りシャンプーにはいくつか種類がありますが、体質に合ったシャンプーを選ぶことが必要で、抗菌作用が強いタイプはアレルギー症状が出てしまう場合や、発癌性があるタイプもあるため注意が必要です。発癌性のあるシャンプーは海外から輸入されたシャンプーが殆どで、種類によって発癌性が認められる成分が配合されているため、個人でシャンプーを輸入する場合には注意します。国内で抗真菌入りシャンプーは医薬部外品として薬局やドラッグストア、通信販売などで販売されているため、手軽に購入することができます。
脂漏性皮膚炎はシャンプーだけの対策ではなく、皮膚科を受診して適切な判断のもと薬を処方してもらうことが治す近道でもあります。また、免疫力が低下することでも発症するため睡眠を十分にとったり、ビタミンB群を積極的に摂取することも必要です。